復縁するには胸キュン映画を見るのが効果的?!復縁にオススメの恋愛映画とは?

好きな人と別れた後には徐々に復縁したい気持ちが募ってきてしまうものですが、復縁するにはパワーが必要で何かしらのきっかけや後押しが欲しいはず。

そんな時には胸キュンする映画なんかがお勧めで、復縁のパワーを受け取ることができて後押しもしてくれます。

そこでこちらでは、復縁に胸キュン映画を見ることのオススメポイントと、復縁にオススメの胸キュン恋愛映画を何本か紹介していきます。

復縁のきっかけには胸キュン恋愛映画がオススメな訳とは?

別れてしまった恋人と復縁するためには行動力やパワーを必要としてしまうものですが、その時には胸キュンできる恋愛映画がオススメとなります。

そのため、まずは復縁するためには胸キュン恋愛映画を観ることがオススメの訳をいくつか紹介していきます。

復縁の具体的な方法や手段などをイメージしやすくなる!

恋愛映画の大半は主役の男女が結ばれたり別れたりを繰り返しながらストーリーが進んでいきますが、そのときには様々な方法で主役の男女が恋の駆け引きを繰り返していきます。

復縁も言わば恋の駆け引きの代表的なものとなるので、恋愛映画を観ることによって復縁の具体的な方法や手段などをイメージしやすくなる効果があります。

恋愛経験はいくつかあっても復縁の方法や手段というものはあまり経験がない人も多いので、恋愛映画を観ることで復縁するための参考にすることができます。

具体的に復縁のためのプロセスをイメージできれば後はそれを実践することだけなので、参考にした恋愛映画で行われていたような恋の駆け引きを自分の復縁の手段に取り入れてみるのもいいでしょう。

恋愛することの素晴らしさを再確認できる!

復縁を後押ししてもらうには恋愛の素晴らしさを知ることが効果的で、胸キュン恋愛映画を観ることによって恋愛の素晴らしさを再確認することができます。

恋愛の素晴らしさを再確認できれば、足踏みをしていた復縁に対しての原動力にもなり良い後押しとなってくれます。

また、復縁を求める時にはやや臆病となってしまうものですが、素晴らしい内容の恋愛映画を観ることで勇気なども湧いてくるので「復縁を断られえしまうかも…」といったネガティブな考えなども打ち消してくれます。

復縁できない辛い思いを共有できる!

全ての恋愛映画がハッピーエンドで終わるわけではなく、主人公などがお互い別れてしまって悲しい結末のままエンディングを迎えるような恋愛映画の作品もよくあります。

そのようなバッドエンドの恋愛映画を観ることで、復縁できない悲しい気持ちを共感できたりもします。

復縁できない気持ちが自分だけではないと認識できれば、ネガティブな考えがなくなり逆に復縁に対してポジティブに考えられるようになります。

そのため、どのような結末の恋愛映画であっても復縁の後押しになってくれるので、復縁するための行動力やパワーを得るのであれば恋愛映画を観ることがオススメの方法となっています。

復縁の後押しをしてくれるオススメの胸キュン恋愛映画5選!

胸キュンする恋愛映画を観ることが復縁の後押しになってくれることが分かりましたが、実際どのような恋愛映画がオススメなのでしょうか?

いくつか復縁にオススメの恋愛映画をピックアップしてみたので、別れてしまった恋人と復縁したいのであれば是非とも鑑賞することをオススメします。

「ハナミズキ」

歌手の一青窈さんの楽曲でもある「ハナミズキ」が原作となっている映画で、北海道、東京、カナダなどを舞台としていて、若者たちの恋愛事情を十年間という年月の中でリアルに描いた恋愛作品です。

ハナミズキの歌詞にもある「君と好きな人が、百年続きますように」というものがこの映画の元となっていて、復縁したいと願う人が鑑賞すれば「もう一度やり直したい!」という気持ちが強く湧き出てくることでしょう。

  • 公開日 2010年(日本)
  • 主演 新垣結衣 生田斗真
  • 監督 土井裕泰

「あと1センチの恋」

2014年に公開された「あと1センチの恋」はイギリス・ドイツの合作で、大学生の若い恋人同士の遠距離恋愛がストーリーの基本となっています。

主役のリリー・コリンズ演じるイギリスに住む女子大学生の「ロージー」と、その恋人のサム・クラフリン演じる「アレックス」は幼少の頃から幼馴染で友達以上恋人未満の関係でしたが、アレックスがアメリカの大学に通うことから遠距離恋愛が始まって行きます。

「あと1センチの恋」は、遠距離恋愛の映画作品のなかでも評価が高く恋の駆け引きを参考にできるので、遠距離が原因で別れてしまった人には復縁の後押しをしてくれることでしょう。

  • 公開日 2014年(イギリス・ドイツ合作)
  • 主演 リリー・コリンズ サム・クラフリン
  • 監督 クリスチャン・ディッター

「君の膵臓をたべたい」

小説投稿サイトから生まれた映画の「君の膵臓をたべたい」は、すい臓がんになってしまった女子高校生と正反対の性格の男子高校生による純愛ラブストーリーで、恋愛することの素晴らしさを再確認することができます。

また、恋愛の素晴らしさだけではなく、人を愛することの意味などもこの映画からは大きく学ぶことが出来るので、復縁の原動力にするにはオススメの映画作品と言えます。

  • 公開日 2017年(日本)
  • 主演 浜辺美波 北村匠海
  • 監督 月川翔

「世界にひとつのプレイブック」

ややコメディタッチの恋愛映画でオススメの作品には「世界にひとつのプレイブック」という作品があります。

離婚した夫婦の恋愛事情を面白可笑しく描き、尚且つ心温まる描写となっているので難しいことを考えることなく夫婦の良い在り方などを考えることができます。

主なストーリーは、主演の夫が妻の浮気現場を目撃してしまったことから徐々に精神を病むことから話が進んでいくのですが、笑える場面もあり復縁することをポジティブに考えるきっかけにできる恋愛映画となっています

  • 公開日 2012年(アメリカ)
  • 主演 ブラッドリー・クーパー ジェニファー・ローレンス
  • 監督 デヴィッド・O・ラッセル

「ただ、君を愛してる」

ノスタルジックな恋愛映画の「ただ、君を愛してる」は、コンプレックスを抱えた男性が突然現れた女性を徐々に好きになってしまうというストーリーで、純粋に恋愛映画としての要素が多く詰まっています。

主役の男性が好きになってしまった女性が突如姿を消してしまうところなどは、復縁で悩んでいる人にとってはとても共感できるポイントで、復縁する後押しをしてくれることでしょう。

  • 公開日 2006年(日本)
  • 主演 玉木宏 宮﨑あおい
  • 監督 新城毅彦

復縁するきっかけを作るには恋愛映画を観ることがオススメ!

復縁の後押しをしてくれるオススメの恋愛映画作品を5本紹介してみましたが、恋愛映画は他にも沢山あります。

特に復縁のきっかけにしてくれるような映画は国や地域に関係なく素晴らし作品ばかりなので、メジャーな作品だけではなくてややマイナーな恋愛映画などを鑑賞することでも復縁の後押しをしてくれます。

そのため、復縁のきっかけや後押しを必要とするのならば、様々な恋愛映画を鑑賞することをオススメします。